銀行キャッシングの審査傾向

銀行キャッシングの審査は厳しいと言われますが、初めて利用するのであれば、先ず銀行のカードローンを 選択肢に入れるのがベストです。その理由は消費者金融を利用して、その次に銀行から借入を希望しても通らないからです。 消費者金融はパート・アルバイトでも利用でき、安定した収入を条件に利用しやすい面があります。 ただし、銀行と比べるとリスクの高い債権、つまり返済リスクの高い利用者が多い一面があります。 銀行で融資を受けられないから、消費者金融に流れるという図式もあり、消費者金融の中でも大手から中小へと追加融資が流れる傾向もあります。 金利の高さは端的にリスクの高さを示すもので、リスクが高いほど、利用しやすいカードローンほど金利が高い一面が出ているのです。 銀行と消費者金融を比較しても、金利の差が出ています。 そんな中で銀行キャッシングの現状も変わりつつあります。 それは個人向けの無担保・保証人不要の即日融資のカードローンの存在です。 以前の銀行の個人向け融資と言えば、提出書類や付帯条件も多く、時間も手間も掛かるものでした。 しかし、今では運転免許証やパスポートなどの必要書類だけで銀行キャッシングが利用できるようになっています。 一見、消費者金融や信販系のカードローンと変わりがないように見えますが、その中身は全く違います。 審査の仕組みや流れも異なるため、利用前に情報収集で最適なものを選ぶことが重要になります。

保証会社の審査が必要となる銀行キャッシング

銀行キャッシングの特長として銀行自体の審査に加えて保証会社の審査を受け、通過することが条件になります。 この保証会社は万一、利用者が返済不能になれば、代位弁済という形で債権管理を行う会社であり、見方を変えれば担保とみることができます。 消費者金融や信販会社のようなノンバンクであれば、自己の事業資金からの貸付となりますが、銀行キャッシングの場合は預金者のお金を融資するという形になります。 この点にも銀行が保証会社をつける意味合いも出てくるのです。 保証会社についている会社は大手の消費者金融や信販会社であり、多くは銀行の系列・グループ企業です。消費者金融や信販会社は個人の与信管理に実績があり、融資の速さも売りにしています。 一方で銀行が個人向けの商品の拡充と融資を充実させる流れもあり、保証会社を審査に加えることで無担保・保証人不要のカードローンの提供を可能にしています。 利用者からみれば、保証会社は保証人のような存在です。 保証会社の審査を通過しなければ、銀行キャッシングを利用することはできません。 どの銀行キャッシングに、どんな保証会社がついているかも情報収集で確認しておきたいところです。

保証会社の体制と会社によって分かる与信の傾向

情報収集の中で銀行キャッシングには1社だけでなく、2社の保証会社がついている場合があります。 これは二重の保証会社の審査を受ける訳ではなく、1社の審査が通れば良いということになります。 銀行にとって異なる保証会社をつけることは融資の幅を広げるということであり、利用者にとっても審査に通る可能性も高くなるということを意味しています。 銀行キャッシングは、このような保証会社の体制によっても利用できるかどうかの幅も変わってきますので、情報収集においては、この点も要注目です。 また、保証会社はグループ企業がついていることが多いのですが、消費者金融の場合は利用中であるかもポイントとなり、過去の返済状況も加味されます。 当然、過去の返済に問題アリと判断されれば、審査に通ることはなく、融資されることはありません。 さらに保証会社の審査に通過したとしても、銀行による本審査を通過することも条件になります。 銀行キャッシングは2段階のチェックを経ることになり、消費者金融にみられるような即日融資は少数派で、数日の時間を要することも情報収集の決め手になります。 例えば、消費者金融が保証会社についている場合は即日融資をセールスポイントにしています。 金利が低く、即日融資も可能な銀行キャッシングも情報の比較で明らかになります。

保証会社の業種でみえてくる融資までの速さ

では、なぜ消費者金融が保証会社についている銀行キャッシングの審査は速いのか、それは属性モデル・スコアリングシステムによる与信システムと、過去の膨大な顧客データの蓄積と実績があるからです。 消費者金融の場合は属性モデルといって、過去の利用者のパターンを当てはめています。 つまり、申し込みをした利用者がどのような利用経路を辿るのか、属性の内容から推察できるのです。 クレジットカードの場合はキャッシング枠とショッピング枠があり、債務内容も金額も大きくなりますが、キャッシングは純粋に金銭の貸付・返済のみであり、過去の利用形態をみることで利用者の信用状態をいち早く把握できるのです。 また、先の保証会社2社体制も、信用度に応じて会社を分けています。 与信結果として信用度の低いもの、高いものに分けて、それぞれの保証会社で管理させています。 特に信販系の保証会社を2社つけている場合も多く、消費者金融では1社単独である場合があります。 申し込みから融資まで流れは紹介されているものの、実際は申し込んでみないと分からない面がほとんどです。 しかし、保証会社をみることで融資のスピードや審査の傾向もみえ、銀行キャッシングの情報収集の見方があります。